お休みの日も普段と違う状態には注意しておこう

心の問題を解決

悩む成人女性

医療機関に行くのが最善です

万が一休日何もできないと言う状態が続くようであれば、うつ病に罹患している可能性があるので、精神科や心療内科にみてもらうことをおすすめします。内科や皮膚科に行ったことがある人は多いでしょうが、精神科や心療内科には生れてから一度も利用したことがない、と言う人もいるでしょう。休日に何もできないと言う精神的な悩みを解決する科だとしても、他の科と特段かわりなく、医者に診察してもらうまでの流れは基本的に同じです。うつ病に強い医療機関を探す場合、紹介サイトを利用すると言うのがおすすめになり、検索機能があるので比較的簡単に自分にあう所を探せるでしょう。紹介サイトでは、地域や科別で探せるのはもちろん、「だるい」や「疲れる」と言う症状に強い医療機関と言う指定することが可能なサイトも。利用することになるクリニックを探したら、予約の必要性の有無を確認することになり、必要に応じて予約します。普段は予約が必要ですが初回利用者に限っては予約無しでも対応してくれる場合もあれば、逆の場合もあり、予約の取り扱いは医療機関によりさまざま。その後「健康保険証」と「お薬手帳」を準備し、医師に伝えることを頭の中で整理してから、予約をした医療機関に行くことになります。

休日に何もできない理由が、うつ病のためだと言うことになれば、治療効果が高い抗うつ薬を使い治療すると言うことは日本では多いです。抗うつ薬は簡単に言えば、脳の環境を通常の問題ない状態に戻してくれることが期待できる薬のことを言い、医師から処方させる必要があります。この薬を使うと、休日何もできないと言う状況が、「服用後に目安として1〜2週間程度から徐々に改善される」ことが期待することができるでしょう。因みに薬の効果が効いてきたとしても、服用をやめてしまうと再度休日何もできないと言う状況になる恐れがあるので、医師の支持にしたがって薬を利用する必要があります。抗うつ薬は、三環系やSSRIそしてNaSSAなど5つのグループに分かれますが、基本的に新しく開発された薬程効果が高く副作用が少ないと言われているのが現状です。そうなると一番新しく開発されたNaSSAがいいことになりますが、患者と薬の相性の問題があるので、他のグループの抗うつ薬がいい場合も。どの薬がもっともいいのかは、やはり医師しか分からないと言え、だからこそうつ病になったら医療機関にまずは行く必要があります。

Copyright© 2019 お休みの日も普段と違う状態には注意しておこう All Rights Reserved.